Yutaka Kashiwagi Blog

作品

私たちサロンワークを中心としている美容師には、

サロンワーク以外に雑誌にヘアデザインを

提案させていただく機会が多々あります。

サロンに足を運んでいただくお客様が直接目にする機会が多いのは、

『女性ファッション誌』

それ以外には主に、美容師が見る『美容専門誌』があります。

 

一部書店でも置いてある所はありますが、

内容は結構マニアックなページも多く、一般の方

が見ると、面白かったり?よく解らなかったり?です。

美容専門誌の場合は中に掲載されているヘアデザインも、

時として奇抜で、普段ではとても

出来ないデザインも多く、モード性が濃いデザインが多く載っています。

美容師にとって一般女性誌のデザインは『商品』。

お客様に評価して買っていただく物。

美容専門誌のデザインは『作品』。

デザイナーとしての表現力、技術力の幅を広げる物。

どちらの媒体も全国の美容師に均等に機会を与えられる物ではありませんが、

もしそのチャンスが巡ってきたときには、そりゃ必死です。

自分の今の実力が雑誌に残せる?残ってしまうんですから!!

その美容雑誌の中でも昔からお世話になっていて、

雑誌の歴史も長い『Shinbiyo』の編集長と

久しぶりに会食させていただきました。

昔話から、これからの美容業界の事。延々と話は尽きはせん。

 

美容雑誌の編集長クラスの方々は、

私が作る『作品』が恥ずかしいくらい下手くそな頃から

知られていますので、昔の自分ダメネタが多すぎて・・・

かけだしの頃は鍛えられましたし、

いい緊張感の中で自分に勝負できました。

 

撮影の前の日は眠れなかったり、胃が痙攣したり、

朝までスタイリングの練習をして

撮影当日の朝を迎えるなんて当たり前でした。

今は沢山の雑誌媒体があり、昔より沢山の美容師にそのチャンスがあります。

rivageのスタッフには少しでもこのチャンスをつかんで欲しいし、

ラッキーだけでは結果の出ないそのチャンスを、

絶対に死に物狂いで物にして欲しい。その繰り返し、繰り返しです。 

編集長!またお付き合いください!