Yutaka Kashiwagi Blog

photo



最近のサロンでは自サロンで作品を撮る事が当たり前になっていて、

カメラがとても良い仕事をしてくれているんで、

誰でも「そこそこ」は上手に撮影出来る。出来た様に見える。

そう言う自分自身もHPに掲載する為に、一眼レフカメラを6年前に購入して

適当に撮影ごっこしてたら何となく写真が撮れる様になった。

しまいには調子に乗ってスタイリング&フォトセミナーなんてやってみた。

でも最近思う、やっぱ違うな。



自社でHPに載せる作品を撮影したりするのなら勝手だけど、

美容師がフォトセミナーとかDVDとか出しちゃって良いのか?と思う。

一般の、美容師未経験者の素人が「自分で切る前下がりボブ」

とかのDVDとか出しちゃってたら、美容師である自分達はどう思う?

そんな風に考えてしまったりすると、もうこの辺までで良いのかな!?

て思ってしまう。

カメラとか、SNSとかが大事なのはわかってるけど、

それがメインじゃね〜〜だろ!

美容師なら写真が上手に撮れる事よりも、もっと上手にカット出来たいし、

そっちで褒められる方が嬉しいよね。

とは言え、HOULeの作品はナチュラルで良いですよね!って褒められる。

それにしたって、カメラワークのノウハウなんかなくったって

カメラが勝手に仕事してくれてる。だからそこそこに仕上がりになるし、

よく「露出はどのくらいで撮ったんですか?」とか「レンズは何で?」

とか聞かれるけど、そんなのわからんのですよ!正直言って。

まったく感覚ね!

でもね、それでもお客様の心に伝わるんですよ。

それはね、「カメラワークじゃないんですよ。」

それこそ15年前かそれ以上前から、「MORE」とか「with」とかは

どの撮影もだいたいハウススタジオの撮影。

今のHOULeのサロン内の様な明るい自然光が入ってくる所、

そこで毎月毎月命がけで「売れるデザインを」を創ってた。

今にはじまった事じゃないんですよ。

偉そうに言ってしまうと、「ヘアなんですよ結局。」

でもただやれば売れる訳ではないから、何か印が欲しかった。

それが「ナチュラル」と「小顔」だった。

そのナチュラルと小顔を飽きる程やってきたから今がある。



うちのスタイリストが創るデザインはそれをアシスタント時代から

飽きる程見ているので、お客様にご提案する時は自然とそう創る。

多分この業界の多くの方からは魅力のないデザインに見えると思う。

要するに「普通」だからね。

「じゃあやってみな!!」 とか言ってみたいけど、ちょっと不安・・・

自分では、お客様目線の作品を創っているつもりでもないし、

それが好きだからたまたまこうなっている訳で、

でも、美容師からも業界からも評価されるデザインを創りたい。

いつもJHAから来る通知を無視しながらも、

ちょっと勝負してみたい気持ちもあったりして、

「俺はこれしか出来ないから!」ていう逃げはしたくないから、

プレーヤーとしては残り少ない時間だけどチャレンジもしたい。

 

もうすぐコレクションもアップされます。みんなで創りました。

先に言い訳しますと・・・「海ロケにくせ毛は向いていない!!」

と言う事を痛感させられましたので、デザインはひどいですが、

ナチュラル感は満載だと思います。お楽しみに!

※ちなみにカメラはプロに頼みましたよ。

 

そんなこんなで今日はサロンが暇だったので、

久しぶりにわけのわからないブログ書いてみました。