Yutaka Kashiwagi Blog

これも大切な仕事

これが自身2回目となる、あるメーカーさんの商品開発の仕事。

その仕事も最終工程に入り、今日はイメージに合わせた作品撮影。

 

このような撮影は、「デザイナーからの提案」と言うだけではなく、

メーカーさんと現場のサロンワーカーの共同作業で作り上げるもので、

それが、全国の美容師の役に立つか、否か?が問われる。

その商品が今のデザインにマッチして、

全国の美容師、美容室を訪れるお客様、

全ての方々にとって満足できる商品であるか・・・?

色々考えてしまいます。

半年~1年続く、商品開発のプロジェクトも、

メーカーの社員でもない自分は、

ついつい「売れる」事を前提に考えてしまいます。

前回の商品開発の際、

「売れる事を考える事より、本当に必要としている物だけを作りましょう!」

それで自分の欲しい物が出来あがり、それが時代にマッチして・・・

 

結果的に現在もその商品は売れているのだそうですが、

美容師としてのそれとは違う、

メーカーさんの考えるべきマーケティング的な考えは理解出来ず、

何故?売れたのかの真意は未だわからないのです(笑)

 

自分は美容師しかできないし、その中で「売れる」事を最優先せずに、

伝えたい事を必死に伝える事の大切さは勉強させていただいたかな?

「売れる」「うける」「褒められる」評価を気にして出す答えと、

今の自分をありのままを伝える事で得られる答え。

求められている事は、物を作ることも、

サロンでヘアデザインを創ることも、見返りを求めない

「一生懸命」と「正直」しかないのかな?と感じます。

そんな機会を、再び今頂けた事に感謝します。

美容師として出来る日々は、何時か終わりが訪れるのでしょう。

出来る事は全てやり尽くして、少しでもやり残すことなく終わりたい。

なんちゃって!かっこつけてる場合ではないですが・・・

いい作品出来ましたー! 喜ばれるといいな~!


web magazine

今回で10回目の

「WEB MAGAZINE」が本日アップいたしました!

新しい事を始めるのは簡単だし、

一瞬のテンションなら誰でも簡単にあがる。

ビジョンを掲げるのも大切だし、

将来への危機感を持って取り組むのも大事。

けれど、継続する事はもっと大事で、続ければ続けるほど苦労も多くなる。

作品撮りだって、アイデアを振り絞って毎回のぞまなければ、

ただの撮影会で終わってしまう。

毎月、毎月ある事だから、

今日はいま一つノリが悪くていい作品が出来なかった・・・

何て事になるならやめた方がいい。

 

どんな状況でも、今の自分に精一杯挑んで、

繰り返し、繰り返しやり続ける。

続けて行った者にしかわからない世界が、

そのうちちょっと見えるようになる。

そしてまた見失うから、またやり直す。

そんな事の繰り返しをしているうちに、

スタートした時よりはるかに先に立っている。

繰り返しやってきた人しかわからない、

見えない、知らない事は、この世には沢山ある。

今は何も見えないかもしれないし、いつまでも満足は出来ない事だけど、

単発のプロジェクトや、

自己満足なイベントをやったって見えない物がそこにはある。

「今回の作品は最悪!」「明日は絶対今日を超える!」と、

いつも心で呟いていて欲しい。