Yutaka Kashiwagi Blog

1年

先日、9月23日で表参道に引っ越して1年が過ぎました。

正直この1年間は、創業年と同じくらいの厳しさがありました。

うちのスタッフの個性を考えると、

これからも派手な種類の事は期待出来ないけれど、

うちらしくやって来た努力は、何らかの形で認められたいし、

しっかりと評価も受けなければならない。

そして、出来る限り良い評価をされなければならない。

ヘアサロンをやっている以上、美容師である以上、沢山のお客様に支持され、

「繁盛しているサロン」にならなければならない、

「めちゃめちゃ忙しいサロン」にならなければならない。

それが出来なければ、全て自己満足の時間にしかならない。

自己満足で片付けてしまう考え方は、

簡単に逃げしてしまう楽な発想と変わりない。

そんな美容師は自分だけの価値観で、一人で生きればいい。

評価していただく対象はさまざまでも、

自分達は「これなんだ!」と言う色をしっかりと持ち、

何処を目指しているのかを明確にしなければならない。

大小、種類はさまざまだけど、

何時でも手が届きそうな目標を自己満足の中で決めて生きて行くのと、

自分の力を信じて、色々な物と競いながら背伸びして、

もうちょっと難しそうな目標を立て続けながら生きて行くのとでは、

将来どれだけで得られる物が多いかをもっと知る必要がある。

例えば、私たちは世界を目指して戦う日本代表の戦いに感動します。

高い志を持って進むチームには、いつか追い風は吹いて来て、

更にそのチームの一人一人にも素晴しい光がさす。

人は人を見て感動する。人は人を見てエネルギーを感じる。

元気をもらう。嬉しくなる。助けたくなる。

ヘアサロンという小さな世界かも知れないけれど、

この場所で自分達は沢山の小さな感動や喜びを創らなければならない。

それが仕事、それが使命。それが生きるって事。

だから、ほんの少しでも手抜きは出来ない。

床掃くのだって、ゴム拾うのだって、

攻めのヘアデザイン提案するのだって。

毎日の些細な事でも、お客様の為に、皆の為に、そして全ての為に。

先ずは、最初の目標を早々にクリアして次に進む。

個の力が、一つ一つ輝いて、目の前のお客様に向いて行く。

俺たちはそんなにカッコ良くないけど、らしくやり続ければ良いと思う。