Yutaka Kashiwagi Blog

スピードとパクリ

美容師として大切な事。

今日はちょっとそんな話を・・・

「今日の仕事は今日のうちに!」それは自分のスローガンです。  

当たり前の事ですが、仕事を早くこなす事で今日の課題も、

今日の問題も終わってしまいます。

だからと言って次の日仕事が無くなるわけではありません。

早く終わるから、更に仕事は増えるものです。

毎日のサロンワークでも同じ事、早く仕事をすれば次のお客様の準備が出来る。

色々なアイデアも浮かんでくる。色んなトライも出来るでしょう。

ほんの少しの心の持ち方がスピードとなって表れ、

人よりも多くの事を目にし、体験出来る事につながる。

それが解ると、仕事はもっともっと楽しくなって、

早く仕事を終わらせる事が快感になってきて、

そして、早く仕事をこなせる人は、

もっともっと大きな仕事が舞い込んできます。

そのためには自分がもっとももっと集中できて楽しく、

面白いと思える目的を見つけるべきです。

迷う時は、自分が何をやりたかったのか、

何故やりたいのかを再確認してみるべきです。

そうすれば、自ずと集中力も高まり、早い仕事が出来て、

多くの仕事やチャンスが訪れます。


「先ずはパクリから!」これも自分のスローガンです。

どんな原因があるか解りませんが、最近の人達は真似るのが下手。

真似するのが恥ずかしいと思っているのか?

オンリーワンが美学と思っているのか?スマップの影響か(笑)わかりませんが、

とにかく真似る事が下手です。

我々技術職は、誰だってはじめは真似から入ります。

自分がかっこいいデザインだと思って、

それを試行錯誤しながら真似してみる。

斜めから見ないで、正面から見て、素直にそのまま真似る。

殆どそれを真似る事が出来たとします。見えてくるのはそれから。

自分の好みには合わない所や、逆に自分では見えなかった物が見つかる。

ただ、真似する事をした人にしか見つけれない、

新しい変化や新しい感覚が生まれる。

勿論、何にもないところから生み出した先人たちはすごいと思います。

でも今は、全くのゼロベースから考える必要はないとおもいます。

こんなに色々なアイデアや、色々な技術がそろっているこの業界だから、

全くのゼロから考え出した技術があったとしても、受入れられるのは難しい。

逆にお客様には警戒されるような気もします。

どこかで見たことのあるけど新しい。そこがツボだと思うし、

それがとても難しい事なんだけれど・・・

rivageのデザインコンセプトなんかもそんな感じで、

どこにでもあるナチュラルでシンプルなデザイン。

でもそこに「なんか新しい感じがする」

「ちょっと背伸びすれば出来るかも」

そんな微妙なさじ加減のデザインをテーマに考えています。

美容界のスピードはすごく早く、そして変化に富んでいます。

だからこそ、スピーディーにその変化に応じて、真似すべき物を見つけて、

もともとある素晴らしい技術を、少しだけ自分色に変えて行き、

成長させながら続ける事で、

必ず今いる場所よりも遠い向こう側を必ず見れるんじゃないかと思います。



長い1日

ブログさぼっている間に、秋になってしまいました・・・

9月、10月は世の中は連休が続きますね。

10年20年やっていると、何の休日かさえ忘れてしまいます。

でも、そんな事嫌だと思った事は無いし、

自分は楽しい休みの為に働いていると思った事はないです。

 

朝から晩までひたすら働いて、がむしゃらにやって来たつもりでも、

仕事はいつまでたっても納得いかないのが当たり前。

でも、「自分はこんなもんじゃないから!」と、

頑固でいられば続けられるものです。

 

「普通」で終わりたくないなら、答えは一つ。

「20代は仕事以外に考えるな~!」

と昔先輩に言われ、面倒くせ!と思っていましたが、

嫌々ながらも、自分には死ぬ気で仕事するしかなかったその環境が、

今になって大きな財産になっています。

 

この秋から、クリエイティブな部分に力を少し入れて行き、

もっともっとプロフェッショナルな考えで仕事に取り組み、

皆様に、多くの支持が得られるブランドを目指します!