Yutaka Kashiwagi Blog

サロンワーク

いつもの様に盛り上がった3月のサロンがやってきて、

こうして毎日忙しく、平和に働けている事に幸せを感じます。

サロンワーク以外にも、女性誌、業界誌、HP撮影、対外的なセミナーまで・・・

rivageのキャパで、何とかこなせる範囲で精一杯取り組んでいます。

でも、あくまでも中心はサロンで、そこから生まれるパワーが全てで、

自分達の力に納得できなければ、説得力のある言葉も発信できないし、

良い事ばかりを表向きに並べて、中身を曖昧にしていても見透かされるし、

もっともっと強いパワーを発信できるようなサロンになりたい!と、

そんな事を考えながら、今月は昨年に引き続き、同年代の中年美容師達と(笑)

名古屋、広島と、遠足みたいな「THE LIVE」と言うセミナーを行いました。

やっぱり皆から吸収できる事は本当に多いし、本当に尊敬できるし、楽しい。

あと福岡と、東京ありますので、興味ある方は「ナプラ」さんまで!!

 

話は無理やり変わり、

最近色々な方面からHPの作品をほめて頂く事が多く、

以前にも増して、スタイルを指定してご来店頂くお客様も多くなりました。

安売り集客が全盛の今のヘアサロン業界で、こうしてデザインを評価して頂き、

ご期待頂ける事は本当にもありがたい事です。

だから今まで以上にご期待に応えられる様に成長しなければならないし、

学ばなければならい!

自分達の目指す「サロン」にもっともっと近づきたい。



これから

すでに多くの方々が、今日の日の想いを語っています。

自分自身この1年は支援団体に属していた事もあり、

人生の中でも忘れられない1年になりました。

 

あの日も今日と同じ、3月の忙しい毎日が流れていました。

どう表現して良いのかはわかりませんが、

心の奥底で、1年間止められない震えが始まったその日でした。

不謹慎と言う言葉の縛りの中で、

自分の表現さえも選ばなければならず、

静かに暗い日々が続いていました。

 

正直、復興支援団体に参加してきましたが、自分には何が出来るのか?

それが何に役立つのかさえもわかりませんでした。

2万人近い方々が犠牲となったこの出来事の大きさを、

改めて考えると目も心も逃げてしまいたくなる日々が続き、

そんな中で初めて訪れた被災地、相馬市。

胸の鼓動が高まり、声を失った。

1年間で全てが変わっているわけではないけれど、

恐らく生きてゆく上で初めて日本であったり、日本人であったり、

人として考えさせられ、何かを見つけられた1年でありました。

 

これから何が出来るかはわかりません。

この出来事を忘れない事、この出来事を通じて自分が思った事を忘れず、

復興に向けて直接支援に係わる事ではなくても、

強い気持ちを持って、生かされている人生を大切にしてゆきたいと、

この日にあらためて感じました。

 

目の前に広がったあの光景を忘れずに・・・