Yutaka Kashiwagi Blog

難しい

この季節は大好きなんですが、

いい加減に夏も終わって欲しいです。ちょっと飽きてきました。

やっぱり秋冬の方がヘアもファッションも楽しいし、

なんか全体にオシャレな感じがしますよね!

 

話は変わるんですが・・・

最近、ちょっと気になった事。

何気ない日常の中で、少しの言葉の足りなさや、

ちょっとした会話の中の表情や表現で、

相手の受け止め方って相当違うんだな〜と、

改めて痛感した事が続いた。

極端に言えば、それは信頼すら失う事にもなり、

時に人を傷つけて、不快な思いをさせる。

 

人と人が結びついている世の中で、

勿論、気を使わないで何も問題がなく過ごして行ければ

とても楽しいとは思うけど、所詮もともと他人なんだから、

上司と部下、同僚、友人、そしてお客さま・・・

気を使っていかなければならなんだよね。ず〜っとね。

そんな当たり前の事だろ!と言われそうですが・・・

なかなか出来ないから誤解も多く生じる。

自分で何気なく発している表情や言葉、

自分の思ってない様な受け止められ方をしている事って

誰だってとても多いんじゃないかな!?

 

この仕事に置き換えれば、

お客さまに対して発した何気ない一言が、

二度と足を運んでいただけない理由にだってなる。

自分の美容人生25年間を振り返るとぞっとする(汗)

 

自分が言うのも何だけど、

今って、少しでも相手の気持ちを考えて

思いやりを持って接して行く事が

やっぱり少し欠落していると思う。

 

言うべき事は必ず伝える必要はある。

ただ同時に相手の想いも聴く努力をする必要がある。

 「おもいやり」をもう少し持つべきだよね。