Yutaka Kashiwagi Blog

経験

本日生まれて初めての「ハサミ」を持たない

経営者の方々を前にしてのセミナーをさせて頂いた。

こんなちっぽけな会社の、自信をもって伝えられる実績もあげていない

中途半端な我社の話など、皆さんの役に立てるのかな?

かなり気が重かったのですが・・・

何事も経験!だと思い、3年越しのご依頼を受けてみました。

 

自分なりの想いや、この5年間を振り返って感じた事をお話ししたのですが、

その準備期間と、今日の体験で、改めて未熟さを感じ反省する面が多く、

それが逆にこれからのモチベーションにも繋がったような気がします。

 

今回受講された方々の中には、

期待を裏切る様なセミナーだったのかもしれない。

けれど、これが自分の今だし、まだまだ勉強不足だと強く感じた結果でした。

 

経営に何が正しくて、何が正しくないのかは分からないけれど、

今回を機に、また考えをリセットするきっかけになったし、

自分はどうあるべきか?何を優先させて行くべきか?

何が求められていて?何を目指して行くのか?

まさに自分にとっての「プレパレーションセミナー」になりました。

 

今年はrivageも自分も色々とやり過ぎたし、集中出来ていなかった。

単店経営の小さい会社は何をやるべきか?

今はそんなに多くは必要ないはず。

大きく手を回せば、輪はもっと大きな円を描いて行くかもしれないけれど、

もっともっと集中して強い遠心力で核が動いて行けば、

それでも輪は大きくなる。

そう言う発想の方が分かりやすいと思う。

 

そんなこんなで、色々とやってみる事で得られる事は大きいですね!

今回ご参加頂いた美容師の皆さん、お忙しい中ありがとうございました。

よい経験にさせていただきました。

でも、二度とやりません(笑)


怒り新党

今日とある集客系ポータルサイトを見ていたスタッフが

とんでもない物を見つけた。

rivageの作品を、全く知らないサロンの、全く知らない美容師が、

恰も自分の作品かの様に使い、それを堂々とWEB上に掲載している。

それも1作品だけではない。

恐らくrivage以外の青原界隈のサロンと思われる作品もあった。

そして最悪な事に、

そんな事をしているサロンは他にも何件かある事がわかった。

昔もよくあった。

地方にセミナーとか行くと、街の美容院に自分が雑誌で作った作品が、

おもいっきり店の窓ガラスに拡大コピーで貼ってあって、

マジックで書かれた「当店オリジナル小顔パーマ!!」みたいな調子で、

まあ雑誌から勝手に持って行かれるのは美容師の立場から言えば

そこまで痛くないけど・・・(女性誌関係の方々すいません。)

 

今ってどこのサロンでも、自分達のHPに載せる作品は自分達で撮影し、

それを掲載して行くのが当たり前になってる。

ヘア、メイク、スタイリング、カメラ・・・大変な時代です。

 

何時の時代だって、美容師にとって作品とは?

沢山の時間と、努力と、手間と、想いがつまっているもの。

 

アシスタントの皆が一生懸命モデルさんを探してきて、

学校や仕事の前の早朝から(時には5時とか6時とか!)

眠い目をこすりながら協力をしてくれるそのモデルさん達。

勿論、スタッフも早朝から出てきて、

もっともっと可愛いデザインが出来る様になるまで、

毎日毎日繰り返し努力を重ねて行く。

 

可愛いモデルさん連れてきて、ちゃっちゃと髪巻いて、

適当にシャッターきれば出来るもんじゃないんだよ!!

 

だからね、言いたいんだけど・・・

 

自分の作っていない作品に自分の名前載せて、

それを見て来たお客様はどうなる?

美容師としてプライドも何も無いのか?

 

悪いんだけど、そんな事やってる美容師は辞めろ!

 

そんな事が平気で出来るんだったら、

もっと他で割のいい仕事があるから、

 

悪いんだけど、そんな事やってる美容師は辞めろ!

 

自分達は命削ってこの仕事してるし、

この辺界隈で頑張ってる美容師達は皆そう思うはず。

 

涙が出るくらい悔しいし、悲しい。


色々とね

夏が終り、この時期になるとだんだん今年の「結果」が出始める。

何にどれだけ真剣に取り組んだか?どれだけ先に進めたか?

それぞれのスタッフが抱えている仕事の中身を見れば、

だいたい自己評価も出来て来る頃で、

泣いても笑っても2012年もあと3ヶ月。

 

週末はしばらく続けた『THE LIVE』で札幌!

今回も本当に勉強させられた。やっぱりみんな凄いや! よく飲むし(笑)

この時期にまたまた身の丈を知らされる感じでがっかりで、

少し考えてしまいましたが、更にもうちょっとハードル高くして

1年後はもっともっと高みが見れる様に頑張ります。

仕事って結局上手くないと何の説得力も無いし、引き付ける力もない。

更に上辺だけの薄っぺらい技術は、素人にだって見透かされちゃう。

色々と課題は山積で永遠だけど・・・