Yutaka Kashiwagi Blog

たまには言う

表現者になると言う事はね、

単に誌面やWEB上に作品が掲載される事だけではありません。

私達には、毎日ご来店頂くお客様がいます。

その毎日があるから、私達は表現者として提案が出来るのです。

それが出来るのはごく限られた人の様に思われがちですが、

誰にだって平等にその資格はあります。

色々な発信手段を使って表面的に脚色した物を見せつける事は出来ます。

そんな事をしても毎日目の前にいるお客様には見透かされます。

本物の表現者は多くを語らなくても、自分を飾り立てなくても、

必ず誰が見ても心に何らかのインパクトを与える事が出来ます。

 

人それぞれ力を付ける方法はあるでしょう。

自分が昔先輩に言われた事だけど、

(今の若い方々にはよく解らない表現になってしまいますが)

「ポルシェ購入のローンを組んでしまって、必死に払い続けるタイプ」

「ポルシェ購入の為に必至に貯金して、一括で払うタイプ」

どっちにしたって大変ですよね。

どっちのタイプが堅実か?どっちのタイプが成功の近道か?

なんてわかりませんが、

ちっちゃい事でも目標を見つけて、自分なりの方法で必至になる。

たかがポルシェが目標じゃ小さい目標かもしれませんが(笑)

でも、何だって良いんです。

自分の尻に火をつけちゃって、

危機感を無理矢理にでも感じさせる時も必要じゃない!?

 

自分が表現者となって、人に心を揺らせる様な力を持てるか?否か?

美容師としての旨味は全てそこから先にあるんですから、

今現実に何の目標も無いまま坦々とレッスンに取り組んだり、

言われた事をやっているだけなら・・・それは辛いですよ。

きっとそれは毎日辛いですね。

自分はどうなるの?自分はどんな表現者になるの?

先ずはそこに照準を絞ってイメージして、

僕らと同じ土俵に立った事を想像してみてよ!

そこから見える景色がどんなにワクワクすることか!

それを見せてあげたい。1日でも早く。

 

とは言ってもそこには簡単に行けないですよ。

でもそこにいる人達は皆同じ困難な道を辿ってその場所に立っているし、

起死回生の必殺技なんて僕らに世界では存在しないし、

ワープも出来ないしね。

地味な言葉だけど、結局「コツコツと繰り返す」しかないと思う。

邪魔するプライドを素直な気持ちでやっつけて、

感謝の気持ちを忘れずに、いつでも床の目線を持ちながらやり続ける。

そんな月並みな事だけれども結局その意識しか無い。

 

僕らはこんな素晴しい仕事を、一生の仕事に出来て幸せなんだよ。

自分達の想いと熱意で全てを変えられる仕事はそうそう無い。

「あの人は凄い!」「あの人は上手い!」「あの人はかっこいい!」

そう言われる人は、皆そんな風な地味な繰り返しを積み重ねた人達。

あんまりそう見せないのは、

「美容師は大変そう!?」「美容師は自分の時間が無い!?」

「辛い仕事だよね!?」そんな事を思われたくないでしょ!

だからかっこいい面だけ見せちゃう。

「今を乗り越えれば辛い事も無くなる!」じゃ無くて、

「今を乗り越えればまた違う辛い事が待ってる!だよ。

でもそれが辛いかどうかは皆次第だけど、これだけは約束します。

辛いと思われがちなその坂を、乗り越えるたびに目の前に広がる景色は・・・

自分にしか見えないけど、涙が出る程凄い景色だよ!!

だから皆に見せてあげたいし、まだ自分も見たいんだよ、新しいその景色を。

 

さすがに「努力」「根性」とかはもう言わんけど、

この仕事に誇りを持って、愛情を注ぎ込んで、

いつまでも遠くて、高いところを目指そうよ!

 

と言いたかった本日。

 

あ〜またこんな事書いちゃった。

こんな事語っちゃうオヤジは一番面倒くさいんだろうし、

イマドキの美容学生に嫌われちゃうな・・・

新卒の方々!まだ2次募集してるからねー!

社保やってるし、夏休みは1週間だし、

先輩は皆優しいからね〜(^^;)

よろしく〜♪


継続は力なり


とある営業後のレッスン中。

いつまでも繰り返し繰り返しの事だけど、

美容師にとってはそれが宿命。

自分の教え方は効率の良いものでは無いかも知れないけど、

いくつになっても、君達を必要としてくれるお客様がいる様に、

持っているもの、知りうるもの全てを伝えようと思う。

根気強く、素直に、少しずつでも良いから変化をして行って欲しい。

そして、君達も私よりもっともっと上手に後輩に伝えて欲しいと思う。

君達にしか出来ないこの素晴しい時代を、

我々が必死に押し上げて来たステージよりも、

もっともっと高いステージにして行って欲しい。

なんてね!