Yutaka Kashiwagi Blog

深夜に

どんな人にだって可能性は無限にある。

傍から見ていれば、「あいつもったいないよね!」って他人の事ならよく解る。

でも、だいたい自分ではよく解らない事が多い。

自分の魅力を理解するって、本当に難しい事だから。

毎日サロンには、永年指名で来て頂いているお客様が多く来る。

「あなたならなんとかしてくれる。」と期待していつもご来店頂いている。

なんであなたを指名してくれるのか?

ルックスか?女性だからか?イケメンだから?

有名サロンのスタッフだからか?表参道だからか?・・・

あなたに人間としても、美容師としても魅力があり、

興味があるから何度もご来店頂いているはずです。

お客様が少ない?再来店率が悪い・・・それはね、君に魅力が少ないからだよ。

いや、言い間違え。君の魅力を伝える手間を惜しんでいるからだよ。

メディアやSNSを使って、せっかくお客様に来て頂いて、

多額の広告費を払ってご来店頂いても、

今時、見た目だけの「可愛いデザイン」なんて誰でも創れる。

色々なきっかけを使ってお客様に自分の存在を知って頂き、

我々がしなければならないのは、

どれだけお客様の髪を、お客様以上に考えて心から喜んで頂くだけだよ。

その為には自分の魅力と想いを最大限に引き上げ、

それを精一杯伝える必要があるでしょ。

それが美容師の、美容室の価値につながる事になる。

「経験」があれば自然と技術も上手くなるし、

それなりに何か雰囲気も出てくる。

でも、もう既にそんな経験や技術力だけで

お客様が評価してくれない事ぐらいは解っていますね。

私が知っている、沢山の顧客に支持されて、

沢山のメディアにも露出されて、

美容師からみても優れた技術を持っている方々に、

ぶっきらぼうで、愛想の悪い人はいません。

特に私よりも先輩の方々はご自分がやって来た

プライドや自信はにじみ出ているけど、

皆、少年・少女の様な方々ばかりで、魅力に満ちあふれている。

技術主義を否定しているのではない。

でも、お客様には「この襟足の絶妙なグラデーション具合・・・」

「この絶妙なディスコネ〜!」とか・・・わからないよね!?

上手に切る事よりも、強く、熱い想いで向き合う事の方が、

お客様には伝わるんじゃないですか!?

自分も昔は技術中心主義だったし、今でも大切にしている。

でもそれは、昔も今もお客様に伝わらない技術でも、

伝わらないデザインでもなかったよ。

メディアの仕事でもそう。

「昔は良かったですね!雑誌に沢山載れば沢山お客様がご来店されて。」

ってよく言うけど、誰でも雑誌に出られた訳じゃない。

どれだけの想いを持って自分が担当した誌面で、

「この媒体の読者にどれだけ支持されるか?」

「喜んでもらえるだろうか?」を強く思って、

許される時間の全てをそこにどれだけ費やせたか?

それが出来ていた人達だけが誌面に起用されていた。

そんな中で、自分の「らしさ」を見つけて行き、それを貫いて行って結果、

はじめて「売り」になって行き、

それをどれだけの想いで伝えられるかになって行く。

昔どこかの女性誌の編集長に言われた事がある。

「柏木君は口が達者だから、この業界で長く生きて行けるね!」って。

・・・俺、デザインで起用されてるんじゃじゃないのか(汗)

と不安になったが、ある意味それが私の「売り」だった。

今みたいに、言いたい事を何でも即座に発信出来るSNSなんぞ無かった時代、

目の前の人にどれだけ想いを伝えるか、そりゃもう必死でしたよ。

それで鍛えられていた経験が、サロンワークでも生かされたのかも知れません。

今改めてそう言う部分を見直す時期が来ている様に強く思う。

暇さえあればスマホに目をやり、流れて行く活字や画像や動画を観て行く。

自分にはそこに記されている情報からそれほど想いは伝わってきません。

そんな暇があるなら自分磨きに費やす方がよっぽど良い。

でも、そうして続けて行った想いや行動は、

決して直ぐに結果は出ないでしょう。

だから根気ですよ。継続ですよ。

自分が不器用だと思うのなら、なおさら大切なのはその事だけです。

それを続けて行った人だけが、目の前の多くの人に評価されるのだと思います。

周りの環境のせいにしたり、自分の事を第三者目線で見れなかったり、

床の目線で見れなかったり、思いやりをもてなかったり、

薄情な人は本当に嫌いです。

お疲れ様でした。


think aloud

1月もあっという間に終わってしまいました。

今年初のブログを焦って書いています。

そろそろ何か書きましょうよ!と周りに言われ、

思い出したかの様にブログを書くんですが、

特に何かのメッセージがあるわけでもなく、

ただ自分の頭の中を整理するだけ。

なのでよくわからない「ぼやき」にしかならない。

 

いつもFacebookとか見てるけど、ほんと皆凄いなーと思う。

毎日毎日忙しい!忙しい!って記事がアップされ、

凄くて熱いメッセージが次から次に・・・

皆これだけのニュースの中からどの価値観に共感してるのかな・・・?

おっさんはついて行くのに必死ですよ(笑)

べつにFacebookは嫌いじゃないけど、

自分は共感を求める様なメッセージを見るのも送るのも得意ではない。

そのくせ失礼な事は沢山書いちゃってるけど・・・

 

偉そうな事は偉い方々に言ってもらえばいいし、

カッコつけるのはカッコイイ人にしてもらえば良い。

それでも、どうしても自分が言いたい時は言わせてもらってる。

でも、決して自分に結果が伴っていない事は言いたくないし、

出来ない事や、日頃やってない事を背伸びして、

脚色してやろうとすると本当にダサイく見えるし、

誰から見ても薄っぺらく映る様な気がする。

と最近強く思う。




1月は美容業界内外の方々と沢山話が出来た。

色々と考える時間が年頭に出来たのは非常にありがたい。

特に何のつながりもないんだけれども、

理想と夢を追いかけるのは必要だけど、

追いかけてる今を言葉に出すよりも、

追いかけてる姿を見せる方が人は引き込まれるし、

言葉よりも姿なんじゃないかな!?

どんな方法でもいいけど、何の為?誰の為?

それだけは確かめながらやって行きたいよね。

 

「多くの言葉で少しを語るのではなく、少しの言葉で多くを語りなさい。」

 

俺じゃなくてピタゴラスさんの言葉ね。

なんのオチも無いけど、またそのうちに。