Yutaka Kashiwagi Blog

チャンス

チャンスをものに出来るか?否か?は

それ以前に今が大事なチャンスだと気づけるか?

というそれ以前の所から話が始まっちゃうんだけど、

まさに「今でしょ!」を察知出来る人で、

その時を気づかない人は永遠にわからないままだし、

きっと掴み続ける人は、これがチャンス!とは思っていなくても

常に掴む様に動いてるし、結果を出している。

 

チャンスの時に自分のアベレージの実力を出せば掴めるか?

そんなレベルでは到底無理だよ。

チャンスの時はトライしなければならない。今の自分以上にね。

「無理」が効くか?効かないか?がその差かもしれない。

見守る側としてはスタッフ全員に期待はするし、

最高のスタイリストになってもらいたい。

でも、正直蓋を開けてみなければわからない。

 

例えばデビューする時にビックリするくらい数字をあげて、

あっと言うまに波に乗って行くスタッフがいる。

具体的にどんな工夫して、人とは違うどんな努力をしたのか?

意外と表面的には見えないし、見せないもの。

逆にデビュー時に波に乗れない人・・・

その原因は誰が見てもわかる。上司から見ても後輩から見てもね。

 

チャンスをものに出来ている人は常日頃からイメージが出来ていて、

もしかすると「明日からデビューな!」

と言われても出来ちゃうのかもしれないし、

そうでなければならないと思う。

 

自分は1年生の頃、一人サロンに残って鏡の前で毎日エアーカットしてた。

勿論、カットレッスンにすら入って無かったけど。

格好だけはトップスタイリストレベル!

当時、一番上手だと思っていた店長のフォームをひたすら真似してた。

接客の会話までしてたな〜

人に見られてたら相当怪しかったと思うけどね(笑)

 

チャンスの数は人それぞれで違うのかもしれないけれど、

どんな準備も出来ている人にはチャンスは繰り返し繰り返しやってくる。

だって傍から見てもチャンス欲しそうな顔をしているし、

そっちに投げた球の方がちゃんと返してくれそうだし!

と周りは思うはずでしょ。

 

美容師として最初に訪れるチャンスとは何かな?

初めて任されるシャンプーかな?

デビューが決まった時かな?

初めて撮影を頂いた時かな?

どんな時でも、その時に準備が出来てるか、否かは大事な事。

だいたいその瞬間をスムーズに難なく乗り越えた人って、

いわゆる「トントン拍子」に行っちゃってるのケースが殆ど。

 

毎日がチャンスだと思って準備していれば、毎日階段は上れる。 

HOULeでもこれからプレデビューラッシュですが、

ビックリな結果を期待したいです。