Yutaka Kashiwagi Blog

もっと


18年位前、某美容専門誌の編集長に

「岡村の爪の垢煎じて飲んでこい!」と言われたのを今でも忘れない(笑)

「また次頑張ります!!」って言ったら

「次があると思ってやるな!!」と言われたのも忘れない(笑)

 

自分のヘアデザインを載せていただけるメディアなど、

その頃は今と比べたら多くなかったし、

いつでも自由に自己表現が出来ない時代、

そんなダメ出しは相当へこむけど、

何が正解かも解らなかったし、

とにかく無我夢中でやっていた気がする。

 

それから長〜い月日が流れ・・・

二人とも、やっぱり今でもカットの話で盛り上がれる。

毎日もっともっと上手になりたいと思っている。

だからごく普通な毎日の中で、

同じ事の繰り返しが単純な「作業」にならないんだと思う。

 

ちょっとやったらまた次!それがダメならまた別!では無くて、

飽きるまでやってから考えればいいと思う。

もっと上手くなりたいなら、もっとがっつけばいいと思う。

自分の中で悟ってしまい、適当な所でOK出すのが早い。

そう言う人が多い。

 

今のヘアデザインは「雰囲気」でどうにかなる物も多いけど。

お客様はそれを望んでないはずだし、

美容師の仕事はそんな薄っぺらいものじゃないし、

答えは「SNS」の中にも描いてないし。

 

当たり前過ぎる事ですが・・・ただただ美容師として、

もっともっと成長したいと思い続ける事が大切だと思う。

と再確認な夜でした。


4月

新年度はじまりました。

今年もありがたい事に3名の新卒生がHOULeに入社してくれました。

皆には、これから幾度となく困難にぶつかったり、辛くなったり、

どうして良いかわからなくなったり、訳が分からなくなる時が必ず来るけど、

自分が初めてサロンに立った時の事を思い返して欲しい。

その時の気持ちを思い出して欲しい。

 

カッコイイ美容師になりたかった。

カットが上手くて、オシャレで、

メチャクチャ忙しい美容師に憧れて私はこの仕事をはじめた。

何をするのでも他の人に負けたくなかったし、

狂った様に練習したし、朝から晩まで休みなく美容漬けで頑張った。

どんなに頑張ったって完璧な美容師にはなれていないし、

そう簡単に完璧にはなれないから、少しでも前に進もうと思える。

 

少しずつ環境や、立場や、自分の考え方も変わってくる。

時流や美容師としての価値観や環境も変わる。

だだ何も考えずに走っていれば良いと言うわけでもない。

立ち止まったり、ちょっと行き先を見失う事もある。

自分にはやらなければならない自分だけの道があり、

そして、その道を一緒に一生懸命歩いてくれている仲間がいる。

だから頑張れる。

ガタガタした道でも、自分が切り開かなければ誰も歩けない。

だから身を粉にして働いて、皆をも歩き易くさせる!

 

乗り越えなければならない困難が沢山立ちはだかっているけれど、

自分が初めて美容師としてサロンに立った時の気持ちを、

今28年目の春にまた思い返している。

 

有名になりたいんでも、売れっ子になりたいんでもない。

金儲けだけをしたいんでもない。

 

素敵な美容師になりたい!

だから自分のやりたい道だけを行く。